前へ
次へ

審美歯科のラミネートベニアとメタルボンド

審美歯科では、見た目をよくするために様々な治療を施しており、そのひとつがラミネートベニアです。
ラミネートベニアというのは、歯の表面を削った後に、薄いセラミックを貼り付けて行う治療になります。
具体的には、ホワイトニング効果があまり出にくい神経を抜いたり、歯並びのわずかなすき間をキレイにしたりなど、様々な目的で行っています。
セラミックは白く透明感を持っていますので、より美しくキレイで、自然な仕上がりになります。
また、クラウンと比べて歯を削る量が少ないこともあり、他の方法で行う麻酔をする必要もないのです。
ラミネートベニアは、一般的に短期間で治療が終わることが多く、それがメリットのひとつにもなっています。
また、メタルボンドもあります。
メタルボンドというのは、虫歯で歯を削った後に被せるクラウンのひとつであり、セラミックを金属のフレームに焼き付けます。
これにより耐久性が増し、もちろん見た目はとてもキレイになります。
歯をキレイにしたい方は審美歯科に相談してみましょう。

Page Top