前へ
次へ

審美歯科ではセラミックを使用しています

審美歯科では様々な治療を行っており、そのひとつがオールセラミッククラウンです。
これは、虫歯治療によって大きく削った歯に被せるセラミックのクラウン、いわゆる被せ物のことで差し歯とも呼ばれています。
差し歯は保険治療でもできますが、保険治療で使用されるものはプラスチックや金属ですので、どうしても見た目が不自然になあったり、時間の経過とともに変色したり劣化したりすることが増えてきます。
その一方セラミックであれば、まるで天然歯ではないかと見間違うほどのキレイさがありますので、見た目の問題をしっかりカバーしてくれるのです。
セラミックの良い点は見た目だけでなく、耐久性に優れているのも特徴と言えます。
そのため、いつまでもしっかりと噛むことができ、適切なメンテナンスをすれば長期的に使い続けることも可能です。
このようにセラミックには様々なメリットがありますので、見た目や耐久性が気になる方は一度お近くの審美歯科に相談してみることをおすすめします。

Page Top